高畑耕治の詩


ネジバナに




うす赤淡くよじれ可憐
愛しいネジバナ

ゆれて風に微かに
鳴っているかろやかな
鈴、鈴、鈴の


美鈴、こ鈴、ならんで
スズメのよう、可愛い
ネジバナ

枯れて素肌いろ祈りのかたち
まりあさまかんのんさまの
やわらかなささやき
愛しいネジバナ




※読み 愛しい: いとしい。音: ね。美鈴: みすず。 愛しい: かなしい。



「 ネジバナに 」( 了 )

TOPページへ

新しい詩
目次へ

サイトマップへ

© 2010 Kouji Takabatake All rights reserved.
inserted by FC2 system