高畑耕治の詩


透明流音



草むらから
透明流音
風に涼やかに舞いあがる

ひふにみみに舞いおり
ふりつもる

なつかしい草の香色かすかな風の音に染みて

瞳のおく胸のおく
おもくるしい闇にも
やわらかに
こまやかに

雪のように
ことばなく
ささやき
ふりつもる

月のない夜
蛍のように
おぼろな
うすあかり
月色の愛の音
しんしん
ふり
ともる




*読み 透明流音: とうめいりゅうおん。
草の香色: くさのかいろ。風の音:かぜのおと。
夜: よる。月色: つきいろ。愛の音:あいのおと。



「 透明流音 」( 了 )

TOPページへ

虹:新しい詩
目次へ

サイトマップへ

© 2010 Kouji Takabatake All rights reserved.
inserted by FC2 system