高畑耕治の詩


ふいうち



目にみえず
しんしんかなしげに
ないているのは

雪ではなく若葉のさやぎではなく
小鳥でもセミでも
ウイルスでもなく

真白のワンピース姿
歩みさる黒髪の
少女の
真夏の後ろ影
ですらなく

はにかむように
しのびやかな
初秋

ふいのおとずれでした




*読み 真白: ましろ



「 ふいうち 」( 了 )

TOPページへ

虹:新しい詩
目次へ

サイトマップへ

© 2010 Kouji Takabatake All rights reserved.
inserted by FC2 system