高畑耕治の詩


息、られる



息をつめるようにしか
生きられなくて、

息苦しくて、

つらい

悲しいあなたは。

あなたはきっと、

息をのまずには
息をとめずには
しること許されない
瞬間を
生きられるひと、

息をつめるように
息苦しく

とめてえいえんの
ときを
とめて、
生きられる、
ひと

悲しい
あなたは。



られるられるる
らりるるれろ

息苦しく
息つまりつつ

られるらりるる
らりるるれろろ

ほらまだ

できる
生き

られるるれろ

( 酔ってはラリってはおりません
 醒め目覚め生真面目に )

られるるれろろ

悲しくとも美しい歌
ながれろ

あの梢の
小鳥たちのように

 るり るりり

天の川のささめき
星の子たちのように

 ららら
  ららら
   ら るる
      らら

あかく澄んでゆき

 りり

透明な
羽音
  りりり

祈りのように

    りり

  るりり

 ら るる

らら




*読み 羽音: はおと



「 息、られる 」( 了 )

TOPページへ

虹:新しい詩
目次へ

サイトマップへ

© 2010 Kouji Takabatake All rights reserved.
inserted by FC2 system