高畑耕治の詩


七夕



全身の細胞繊維を
全心の星色体を

旋律にたわめ
よこたわり

このまま
天の川になり眠ろう

愛しあえるという
記憶も
聞こえてくるはず




*読み 七夕:たなばた。
星色体:せいしょくたい。



「 七夕 」( 了 )

TOPページへ

虹:新しい詩
目次へ

サイトマップへ

© 2010 Kouji Takabatake All rights reserved.
inserted by FC2 system