高畑耕治の詩


虹の切れ橋



沈むまぎわ雨雲と地とのすきま
すべり射す西日に
瞬き

どす黒い宙刺し
欠けてゆく
虹の
切れ橋

かけら散りこぼれ
なぜ

生まれ泣いて生き死ぬ




*読み 西日:にしび。宙: そら。



「 虹の切れ橋 」( 了 )

TOPページへ

虹:新しい詩
目次へ

サイトマップへ

© 2010 Kouji Takabatake All rights reserved.
inserted by FC2 system