高畑耕治の詩


光紅葉、いちめんの



ちち ちちち
さわやかな朝の陽射しに
かわいい小鳥たち
うたわずにいられず
やさしくまどろみのまぶたをくすぐってくれます

きき ききき
おやおやさえずりにうずうず
うたわずにはいられなくなったのかな
このソプラノはきっと銀杏の黄葉
黄 黄 ききき

おひさまも高くたかくかがやきをますと
桜の葉もケヤキの葉も照り映え
ちゃちゃ ちゃちゃちゃ 茶茶 ちゃちゃちゃ

とおくかたむき沈みはじめる夕陽に
楓もさよならのひらひら
しずかなかなしみの
あか赤 あか赤あか

銀杏も桜もケヤキも楓も
山の端も地も
西空の
真紅一葉
光紅葉に
照らされ
染めあげられ
こころたかめられて

赤 あか
 黄き き
  茶 ちゃ

あれ? すずめたちもまたいっしょに

 黄き ちちち
赤 茶 ちゅちゅん

いつのまにか夜空にも
黄金の銀杏

薄の穂波の
銀河ゆれ
星波に
すずめの夢にも
いちめんの
紅葉

赤 紅 朱
 茶 金
黄 銀

あか あか あき
あき あかあか

     赤
  紅
 朱





*ふりがな 光紅葉: ひかりもみじ。銀杏: いちょう。
     黄葉: もみじ。楓: かえで。真紅: しんく。
     黄金: おうごん。紅: あか。朱: あか。

*参照 いちめんのなのはな
    山村暮鳥「風景 純金もざいく」の詩句



「 光紅葉、いちめんの 」( 了 )

TOPページへ

虹:新しい詩
目次へ

サイトマップへ

© 2010 Kouji Takabatake All rights reserved.
inserted by FC2 system