高畑耕治の詩


波打ちぎわで

     ― 還我未生時  王梵志


かえせ
かえしてください
かえしてくださいますように
どうか


より弱く
静かな切実な思いのさざ波

砂浜の
終わりのないメビウスの
輪廻する波打ちぎわで

くりかえし泡立ち
つぶやきやまない




*参照 王梵志: おうぼんし。中国・唐代の詩人。
引用出典「求道と悦楽 ‐ 中国の禅と詩」入矢義高。岩波現代文庫。

( 八行詩 )

我昔未生時
冥冥無所知
天公強生我
生我復何為
無衣使我寒
無食使我飢
還尓天公我
還我未生時

( 大意 )
私が昔まだ生まれていなかった時。
暗がりのなかなんにも知らずにいた。
けれど天公( 造物主 )は強いて私を生み。
私を生んで何を為したか。
衣服もなく私を凍えさせ。
食料もなく私を飢えさせた。
天公( 造物主 )あなた( なんじ )に私を還すから。
私に未生の( みしょうの、まだ生まれていなかったあの )時を還せ(かえせ)。



「 波打ちぎわで 」( 了 )

TOPページへ

虹:新しい詩
目次へ

サイトマップへ

© 2010 Kouji Takabatake All rights reserved.
inserted by FC2 system