高畑耕治の詩


冬も解けてゆき



 初花


ひとの病の闇世にも
つぼみやぶり梢に

さえずりまぶしく
小鳥とコブシの

白い花



 初音


梢あお空ほがらかに
自粛しないウグイスの声

悲しみのとしつき越えあなたに
とどけ



 あのね


あのねあのね
きょうぼくみつけたんだ
とてもまっしろな

はつ・・・ゆき?

そうだよ
なんてやさしくてきれい
だいすきだよ

ゆきやなぎ

  白
 銀




*ふりがな 闇世: やみよ。初花: はつはな。初音: はつね。白銀河:はくぎんが。



「 冬も解けてゆき 」( 了 )

TOPページへ

虹:新しい詩
目次へ

サイトマップへ

© 2010 Kouji Takabatake All rights reserved.
inserted by FC2 system