高畑耕治の詩


秋楽章



緑の余韻ひそやかに
舞い落ちる葉も
薄く濃く
黄と紅と茶に
愁嘆の無限グラデーション
奏で枯れ散る葉も

終端の果ての
無音を
おそれのぞみうやまい
生誕の
飛翔音を
はらみはらはら

静かに激しく
終楽章

悲唱する




*ふりがな 紅: くれない。秋楽章: しゅうがくしょう。



「 秋楽章 」( 了 )

TOPページへ

虹:新しい詩
目次へ

サイトマップへ

© 2010 Kouji Takabatake All rights reserved.
inserted by FC2 system