高畑耕治の詩


秋の星つぶ



七草というのにいちども
あえませんでした

絶滅危惧種だという
それはそう
生きづらいだろう
きれいな野の花

お花屋さんの店さきに
あか紫
一番星のよう
見つけてしあわせ

雑種だろうとあなたに
であえたのならわたしはしあわせ

かなしい秋にちいさな
星つぶ
フジバカマ




*参照 秋の七草( ななくさ )

萩の花 尾花 葛花 なでしこの花 おみなえし また 藤袴 朝顔の花

( はぎのはな おばな くずばな なでしこのはな おみなえし また ふじばかま あさがおのはな )

万葉集 山上憶良( やまのうえのおくら )巻第八・一五三八



「 秋の星つぶ 」( 了 )

TOPページへ

虹:新しい詩
目次へ

サイトマップへ

© 2010 Kouji Takabatake All rights reserved.
inserted by FC2 system