高畑耕治の詩


月のひかりの夜空に



輪廻があろうとなかろうと
草むらから星空にまでたちのぼる
あの美しい音色の
かさなりのみなもと

透明な羽根すりあわせる
あの姿を
あのコオロギは
ただいちどたけいま
生き
聞かせてくれてる

こころのみみ
澄ませること
ゆるされた月のひかりのこの夜

音楽の永遠の銀河の
滴としてともに





「 月のひかりの夜空に 」( 了 )

TOPページへ

虹:新しい詩
目次へ

サイトマップへ

© 2010 Kouji Takabatake All rights reserved.
inserted by FC2 system