高畑耕治の詩


ネムに



腐臭ただよう
息苦しく生きづらい
こんな世にも

朝焼け色に
咲いていた
あの花
ネムの木
愛の
淡い花

夕空やさしく
あんなに染めてくれたのは
秋桜と
ネム
あなただったのでしょうか

やわらかな
あなたの
ねいきと
ネム

ねむれねむろ
どんな夜にも




*ふりがな 秋桜: コスモス



「 ネムに 」( 了 )

TOPページへ

虹:新しい詩
目次へ

サイトマップへ

© 2010 Kouji Takabatake All rights reserved.
inserted by FC2 system