高畑耕治の詩


すがた



であえた、

わかれてしまう、
永遠に、

ずっと。

このこと、
ほんのすこし、
静かに想えたなら。

憎しみいがみあってしまう、
このこころ、
ひとでしかありえない、
すがたさえ、

どこにか。

溶かしてしまえる、
でしょうか。





「 すがた 」( 了 )

TOPページへ

虹:新しい詩
目次へ

サイトマップへ

© 2010 Kouji Takabatake All rights reserved.
inserted by FC2 system