高畑耕治の詩


風の船



口ほそく吹きだし
鼻から深く吸い込めば
息してるまだ
生きていると
なんだかすこし
胸も
夢も
ふくらんだ
気がした

みえないけれど
きっと

優しいあなた
ふっとわたしに
吹き込み
こころ風船
青空へ

浮かべ
飛ばせてくれたんだ





「 風の船 」( 了 )

TOPページへ

虹:新しい詩
目次へ

サイトマップへ

© 2010 Kouji Takabatake All rights reserved.
inserted by FC2 system