高畑耕治の詩


藤の香



うすきみどり
波うち
うすむらさき
滴り

翻り
瞬き舞いおりる
小舟にかくれ

微風に
微笑み
香りふりまき

くすくす
って
いままぶしく
輝いたのは
きっと

藤の
海の



 反歌


 ( どうして? )

こんな五月にもあなたは愛しく
あまい香りでした




* ふりがな 藤: ふじ。香: か。
 翻り: ひるがえり。瞬き: またたき。
 微風: そよかぜ。微笑み: ほほえみ。
 愛しく: かなしく。



「 藤の香 」( 了 )

TOPページへ

虹:新しい詩
目次へ

サイトマップへ

© 2010 Kouji Takabatake All rights reserved.
inserted by FC2 system