高畑耕治の詩


万華鏡



地の泉すいあげ
枝に
あらたな幼い
浅黄緑
みずみずしく
やわらか

ひかる春の
滴ちらし
ひらきはじめ

どこからくるの?
露のまるみの
カタツムリ

のどかな湿りの歩み
雨あがりの空に描かれ
あらわれのぼる
虹に映え
夕陽に
染めあげられ

紫陽花万華鏡

宇宙の
水玉星の
過去も未来も
メクルメク
泉のほとり
花の精と

その日
その季節へ

いま
息する



 反歌


悲しくても苦しくても

葉波 緑

ツツジ花 淡紫
ツツジ花 真っ赤
ツツジ花 深紅
ツツジ花 純白

五月雨には

サツキツツジ
紫陽花
咲き乱れ




*ふりがな 浅黄緑: あさきみどり。紫陽花万華鏡: あじさいまんげきょう。
  宇宙: そら。水玉星: みずたまぼし。葉波: はなみ。淡紫: あわむらさき。
  深紅: しんく。五月雨: さみだれ。



「 万華鏡 」( 了 )

TOPページへ

虹:新しい詩
目次へ

サイトマップへ

© 2010 Kouji Takabatake All rights reserved.
inserted by FC2 system