高畑耕治の詩


花が教えてくれたこと



ある星のちいさな花にその日も
ぼくは話していました。

「 それはずっと遠いむかしのこと

 ある星のある時代のある国には
 普通選挙権もなくて
 立法権も行政権も司法権もなくあるのは
 絶対王政
 奴隷制度ばかりだったんだよ 」

花はこんなぼくの話でも
うなずき聞いてくれたのです。

「 ある星のある時代のある国では
 いちばん大切なものを守るすべさえ
 奪われてしまっていた

 戦争をしないための
 法のかたちを歪め
 人権を弱め
 差別を強制する
 アホ内閣にダマされケガされ
 腐ってしまった
 ソレハマサニある星の
 二十一世紀ヒノモトれいわの国
 戦争の世紀ヒトラー第三帝国まがいの

 ずっと遠いむかしのこと
 原爆でぼくが
 殺されたあとのことだけれど 」

花は悲しげに
うつむき聞いてくれます。

「 他国の核開発を非難し罵りつつ
 自国の核実験と核事故を繰り返し
 放射性物質を撒き散らし
 未来を痛めつづけ壊しつづけてしまった

 それはずっと遠いむかしのこと
 異常気象でぼくが
 殺されたあとのことだけれど 」

花はそばにいてくれます。

「 暴力には暴力を
 その暴力にはまた暴力を
 そのまた暴力にはまたまた暴力をと
 無限連鎖を自慢する人たちが
 いつもどこにでもいるけれど

 暴言も暴力も
 愚かさでしかない

 戦争殺戮も地球壊滅も
 やめてくれと
 ピシャリと 」

夢中をさまよいつらくなり
目を閉じてぼくは花に。

「 戦争と核拡散をまねく
 どんな大義も詭弁も責任放棄も過ちも不正も
 独裁も分立三権の暴走も
 見逃さず許さず罰する
 永世中立の
 独立権

 生まれたどの生命も
 生まれるどの生命も
 だれもだれにも譲れない
 生きることを自分が選ぶための
 棄権できない権利を守る
 個人と社会と国と国の
 欠かせないかたち

 あたりまえに行われていたのは
 ずっと遠い未来のことだったのでしょうか
 戦争と紛争と
 核投下と核事故でぼくが
 なんど殺されるあとのことだったのでしょうか
 都市と星が
 いくつ壊滅するあとのことだったのでしょうか
 ひとりひとりのひとびと生きものがどれほど
 悲しみ苦しむあとのことだったのでしょうか

 ぼくは忘れてしまったのでしょうか
 これから知るのでしょうか 」


生きているのか
わからなくなりぼくは花に。

「 どこにいるの?

 花
 きみは

 きえてしまったの? 」

どこからか
星のひかり色した
きみの
優しい声ばかり

うっすら。

「 それはずっと遠いむかしのこと
 ずっと遠いこれからのこと

 はるかに
 遠く
 いま

 あなたは
 わたしと

 咲いてくれて
 いる

 咲いて
 いてね 」

 そう
 たいせつなのは
 きっと

 花
 きみを

 愛して
 いること




*ふりがな 生命:いのち



「 花が教えてくれたこと 」( 了 )

TOPページへ

虹:新しい詩
目次へ

サイトマップへ

© 2010 Kouji Takabatake All rights reserved.
inserted by FC2 system