高畑耕治の詩


姿



うしろ姿
うかんできて

目がひきとめられた文字の
しなやかなひろがりに
やどり香りだす

歩み去ろうとしてふとふりかえり
微かな風かろやかに
ひるがえる

あの日のあなたの
微笑みの

ながい
髪の



いまもいつまでも





「 姿 」( 了 )

TOPページへ

虹:新しい詩
目次へ

サイトマップへ

© 2010 Kouji Takabatake All rights reserved.
inserted by FC2 system