高畑耕治の詩


白く、透けて



朝空遥かな山脈の
稜線ふちどり
白雲も
白雪も
白鷺も
かさなり

青空かおる
富士は
白鳥

清流へ
滑りおりる
粉雪の
子鳥みまもり

あの雪に風に水の流れに
溶けてわたしもゆければいいのに




*ふりがな 山脈: やまなみ。白鳥: はくちょう。子鳥: ことり。



「 白く、透けて 」( 了 )

TOPページへ

虹:新しい詩
目次へ

サイトマップへ

© 2010 Kouji Takabatake All rights reserved.
inserted by FC2 system