高畑耕治の詩


かなしみのツリー



あふれ零れ落ち土に沁み消えてゆき
押し殺されようとした無言の
涙の


夜の闇に凍え氷りつくしかなくても
なぜかいつかやがて静かに
結ばれ
ほんのすこしずつ
浮かび

夜明けのひかり
まばゆくふりそそげば
輝く霜柱
祈りの
樹氷

地にも
愛しみの
クリスマスツリー



 こだま


曙光を透かし
仰げば

星たちと銀河の
宇宙樹氷




*ふりがな 愛しみ :かなしみ。曙光 :しょこう。宇宙樹氷:コスモスツリー。



「 かなしみのツリー 」( 了 )

TOPページへ

虹:新しい詩
目次へ

サイトマップへ

© 2010 Kouji Takabatake All rights reserved.
inserted by FC2 system