高畑耕治の詩


穂波ゆらめき



秋の夜空から
澄んだ声
あんまり呼んでくれるから

枯れ野原にたたずみ
あくがれるばかりの貧しいこの

さ迷いでてしまうのです

すすきの花の穂
頬に触れ
( ゆび
 やわらかだった
 あのひとの )


なでられ
なぐさめられ
( 優しかった
 ひと )

夜空の黄金の瞳から
あふれだして
涙つぶ
穂波に

たたえられ
いちめん
ゆらめいて

いつかどこかであなたと
生きた
悲しく
かけがえのない
時を

泣いているのです




*ふりがな 黄金: こがね。時:とき。



「 穂波ゆらめき 」( 了 )

TOPページへ

虹:新しい詩
目次へ

サイトマップへ

© 2010 Kouji Takabatake All rights reserved.
inserted by FC2 system