高畑耕治の詩


欠けているのは



殺伐とした無意味さの疲労のうちに終わらせてしまいそうな一日にも、たとえば一輪の草花のように優しい詩を思いとめられたなら、大切な時。甦り、愛しく抱き止めて、眠りに沈める気がする。

 欠けているのは
 きれいなもの




*ふりがな 愛しく: いとしく



「 欠けているのは 」( 了 )

TOPページへ

虹:新しい詩
目次へ

サイトマップへ

© 2010 Kouji Takabatake All rights reserved.
inserted by FC2 system