高畑耕治の詩


羽手紙



 ひかりの花


枯れ枝に舞いおり
コブシ
白木蓮
枯れ地に舞いちり
ユキヤナギ

さようならしたあの
白鷺の子の
きよらな
羽手紙のよう

萌え初める地に
春空の霞に
夜空の彼方に
星の
花の
羽の

希望



 闇の花


あんまり闇が深いので
遥か微かな
うす曇りの星雲の
うす紫さえ

眩しく
愛しい
羽ばたきの

音楽



 ゆきの羽


季節おくれて降りしきり
野も街かども
雪やなぎ
淡く初恋よみがえり

瞬き
ふっと
消えても

溶けずに濡れて
ユキヤナギ




*ふりがな 白木蓮: ハクモクレン。初める: そめる。愛しい: かなしい。



「 羽手紙 」( 了 )

TOPページへ

虹:新しい詩
目次へ

サイトマップへ

© 2010 Kouji Takabatake All rights reserved.
inserted by FC2 system